広告  

30代のスキンケアは、肌トレ、肌を活性化させて鍛え上げる!

脂性肌と勘違いしがちなインナードライ肌は、肌内部が乾燥しています。
インナードライ肌は、紫外線や乾燥、ほこりなどから守るために皮脂を過剰に分泌させているからです。
体質というより一時的な肌の応急処置で、皮脂を過剰に分泌させることで、肌のバリア機能を強化します。

ただ、バリア機能が弱いことは、角質層も未熟で保湿成分を溜めこめません。
保湿成分を入れ込んでも、入れ込んでも、留まる場所がない状態なので、直ぐに乾燥します。

正当なケア方法は、今ある肌水分の蒸発をクリーム等で蓋をしながら、角質層が健康になるまで待ちます。
角質層がある程度の厚さになった時、保湿感が得られます。

角質培養と言われているケアとなると、肌断食と言ってスキンケアを行いません。
かなりの長い時間がかかります。
当記事のタイトルと矛盾しますが、スキンケアは必要ですよ。
タオルと洗顔石鹸

 

 

私のインナードライ解消法は、変わっていた

私も一時期、朝、顔に油田ができるほどギドギド時期がありました。
アルカリ性のすっきり汚れを落とすタイプの洗顔石鹸を、使ってからよくなりました。

インナードライは保湿たっぷりとか、油分で蓋といわれていますが、普通にやっていましたが、ギトギトが酷かったのです。
インナードライ対策の王道とは違う、私の変わった対策法を記載しました。

 

生まれて初めて毛穴の底を見た!

アルカリ性の固形洗顔石鹸を使用した際、いままで、ボツボツとした黒い点が無くなり、一気に毛穴の底が見えました。驚きましたよ。
だって、そこは皮膚だと思っていたのに、実は、角栓だったのですから。

角栓がすっぽり取れ、化粧水の入りも違ってきました。

補足しますと、アルカリ性の石鹸は毛穴を開かせる作用があるので、角栓がとれやすいのです。
角栓で悩まれている方は、角質層が弱まっているために、刺激の強いアルカリ性の洗顔料を使いたがりません。 酸性の低刺激な洗顔クリームや、洗顔フォームを使っているはずです。

スポンサードリンク

同時に、蒸しタオルや、ぬるま湯を使って毛穴を開かせたり、柔らかい洗顔ブラシを使用して、毛穴の汚れをとるのが一般的ですね。

 

無駄な老廃物がとれた肌の吸収率は凄い!

保湿感も違いました。
色々な化粧品を使っていた時期なので、どの化粧品がと言うより、角栓がとれた事が浸透の理由です。
この時は、クリームも、とりたててこだわることなく、使っているものをそのまま使用します。

確かに洗顔後、一気につっぱり、乾燥がどんどん増すかも怖くなりました。
でもどうでしょう。
次第につっぱる時間が、短くなっていったのです。今でも、つっぱり感は消えませんが、普通の状態に戻る時間が短くなっています。

肌水分、皮脂、常在菌のバランスをコントロールさせながら、人の肌は健康を守っています。
紫外線や年齢によってコントロールする力は弱まっていきますが、必要以上に過度なケアを行うと、さらに、コントロールする力が弱くなります。
皮脂分泌が暴走したり、肌水分が不足したりと、極端な状態になります。
自らの力を呼び醒ませば、こうした暴走や極端な状況から逃れることができるはずです。

 

実はアルカリ性の固形せっけんは肌に優しかった

アルカリ性の固形石鹸は、弱酸性の肌には刺激が強いと言われています。
でも、その刺激が肌を鍛えます。
余計な汚れもとれ、肌の活性化増します。

使用した石鹸は無添加でしたし、使われている界面活性剤は昔ながらのものです。
泡が水の粒子を捕まえる力が弱いために、固形石鹸は、毛穴に界面活性剤を残しません。

洗顔フォームなどに使われている合成界面活性剤は、毛穴に残り、毛穴の壁を破壊する危険性が大きいとされています。
肌のバリア機能に欠かせない、セラミドも溶かし出すものもあります。
セラミド不足は、インナードライの大元の原因です。

もし、アルカリ性の固形石鹸に心が傾いたなら、石鹸のパッケージにグリセリンと書かれているものを選んでください。
グリセリンは空気中の水分を引き寄せる能力があるので、すっきり洗い上がった後、肌を覆って、外部刺激から守る働きをしてくれるはずです。

私のインナードライ解消が、すべて当てはまるとは思えません。
でも、まだまだ勢いのある30代の肌なら、よごれをすっきりさっぱり落とすアルカリ石鹸で、肌力を鍛えてみませんか?

スポンサードリンク
関連記事

白い花をつかむ女性の手 30代のスキンケアは甘やかしすぎもスパルタもNGです
見える肌トラブルはないけど、肌不調を感じるのが30代よ 特に体調がおかしいわけでもないけど、ちょっと...
記事を読む

関連記事

癒しの空間 30代のオイリー肌は、保湿と引き締めで対応
これ以上オイリー肌にならないケアで、後年の美肌を確保 オイリー肌の原因は、年齢的なもの、食生活、スキ...
記事を読む

関連記事

肌のキメの乱れをみすみす見逃すと、肌密度の低下へまっしぐら
20代から30代にかけての酵母化粧品ってあまりなかったよね 最近、エイジングレーザーですっかり肌密度...
記事を読む

関連記事

鼻の画像 30代の毛穴は、皮脂バランスのコントロールを重視したい
30代の毛穴ケアは、角栓を作らせない肌環境を作ること 30歳までの毛穴ケアが適切かどうかで、その後の...
記事を読む

関連記事

酵母発酵化粧品アルケミースキンケア 酵母発酵化粧品で、30代はパンのような肌がいい
パンのように膨れた肌に、声もワントーン高くなる できたてのパンはふっくらしていて、指で押しこんでも『...
記事を読む