広告  

ターンオーバーの遅れに潜む暗い影を知ってる?

『あ~、ターンオーバーが遅れた!乱れた』って感じる時はどんな時でしょうか?
肌が固くごわついている時?
急に毛穴が開き出し、小ジワも見え始めた時?
粉をふいたり、くすみ始めた時でしょうか?

シミが急に増えたり、濃くなったりした時もそうかもしれません。
(注:ターンオーバーとは、お肌が生まれ変わる周期のことを言う)

20140104hadasaisei (2)  

 

ターンオーバーが遅れているなら、天然保湿因子は不足している

いずれにしても、固くなった肌をピーリングなどで取り除き、柔らかくさせて保湿するのがお手入れの基本ですよね。
最近では、角質クリアローションと言って、肌に負担無く、不要な角質を取り除くスキンケアもあります。

ただ、取り除くだけでは不十分です。
ターンオーバの遅れが目立つ肌は、天然保湿因子(NMF)が不足している状態です。
天然保湿因子は、皮脂膜やセラミドと並ぶ大切な保湿成分となっています。

角質層の下にある顆粒層のタンパク質が、肌細胞が徐々に上に押し上げられて行く中で、天然保湿因子(NMF)と変化して作られているものです。
もし、ターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれ落ちずに溜まっていくと、天然保湿因子が押し上げられなかったり、作られなかったりします。

逆に、天然保湿因子を含んだ健康な角質層にするためには、ターンオーバー促進ケアを、日常的に行う必要があります。

 

天然保湿因子を補うには、化粧品が望ましい

天然保湿因子は、約40%がアミノ酸から作られています。
スポンジのように水分を吸収・保持する働きがあり、吸湿性と保湿性に優れています。

スポンサードリンク

角質細胞の中にある天然保湿因子は、細胞間糖脂質(セラミド)に周囲を取り囲まれ、外部の刺激から守っているのです。

天然保湿因子が不足した場合は、原料であるアミノ酸を補うことが必要です。
でも、食事から増やすことは難しいですよ。
アミノ酸配合のスキンケアを取り入れていくと、補うのです。

アミノ酸はご存知のとおり、肌を構成している主成分です。
アミノ酸には、多くの種類があり、肌を構成しているもので人の肌に合うものを、使用することが大切です。

う~ん、そうね。
出来れば、天然のものがいいわね!
人に必要と言われている必須アミノ酸9種類も、網羅しているとなおいい!
肌の奥まで浸透して、まんべんなく効果があればと、
とてつもなく要求は広がっていきます。

  20140104hadasaisei (1)

 

この頃気になるアミノ酸化粧品

この頃気になっているアミノ酸化粧品としては、卵殻膜化粧品です。
卵の殻に付いている薄い膜を、加水分解処理をして化粧品に配合したものがあります。

卵殻膜は、傷口に張り付ければ、傷が治ると言われているほど、人の肌と馴染みが良かったりします。

しかも、卵殻膜の成分を見てみると、シスチンという美容成分が豊富なことも魅力です。
シスチンは、美白効果が高いと言われていて、なんと人の肌の5倍も含まれているそうです。

ちょっと、ごわつきが気になる年齢肌、ターンオーバー促進のお手入れをって考えるなら、卵殻膜配合の美容液を加えてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
関連記事

脂質と糖質制限は肌のハリ・弾力を、やり過ぎると低下させるよ
避けてきた脂質と糖質は、肌水分に重要な鍵だった ダイエットして痩せるためには、脂質と糖質を制限してき...
記事を読む

関連記事

自分のふわふわ肌、やわ肌をこの年で見れるとは思わなかった!
その肌質の低下を、いつまで手をこまねいていますか? 賛否両論はあるのは知っていますが、化粧品の技術は...
記事を読む

関連記事

卵殻膜化粧品は、セラミドにも匹敵する保湿パワーがある
卵殻膜化粧品一体何がいいの 卵殻膜化粧品の文字を見る機会が増えました。 人間などの哺乳動物は、胎児を...
記事を読む

関連記事

肌の内側から水分量を上げて、こみ上げる潤いを実感
肌水分を溜めこむ仕組みを強化して、潤いを上げる方法 高齢者が暖房が利いた中で暮らすと、体の皮膚から水...
記事を読む