広告  

微炎症を起こした肌には、シンプルスキンケア

顔がピリピリする瞬間ってどんな時ですか?

私の場合は、シェイビングの後、風の強い日、季節の変わり目、体調が悪い時等です。
あっ、あと化粧品を変えた時も何故かピリピリします。

  窓辺

 

一時的な炎症なら、保湿重視でOK

そんな時は、手持ちの化粧水で、たっぷりローションパックを連日するなど、意識して保湿重視のケアを行ってみます。
大概これで、自然と治っていきます。

ただ、治らないこともあります。
ピリピリすることが度々重なれば、放置しておいてはいけません。
ピリピリするということは、外部刺激物が肌の内部に入り込んで、微炎症を起こしているからです。

微炎症が続けば、肌乾燥は進み肌荒れを起こしますし、毛穴だって広がっていきます。

 

ピリピリッとくる微炎症は、外部刺激を止める

微炎症を止めるには、刺激を止めることです。

一番良いのは、肌断食ですが、多く女性はここまで勇気がありません。
少なくとも私にはできません。
ノーメイクで街を歩くなんて、想像しただけで”ぞぉーっ”としてしまいます。

肌に大きなダメージを与えるスキンケアは、クレンジングといわれています。
比較的毛穴に詰まりにくい、パウダリ―かミネラルファンデに変えて、肌負担の少ないクレンジングを使用します。

確かに、毛穴の詰まりを取るクレンジングでも、脱脂力を考慮した優れモノもありますが、ピリピリッと過敏な状態の時は、避けた方が良いのです。
石鹸も無添加で、低刺激なものを選びます。

スポンサードリンク

次に外部刺激で、敏感肌にダメージを与えるのは紫外線です。
微炎症が起きているということは、少なからず肌表面に細い亀裂が入って、外部刺激が入り込める状態になっています。
普通の状態でも紫外線は、肌を乾燥させたり、軽いやけどをさせて赤くさせたりしているのです。

紫外線でもUVAといわれる波長の長いものは、肌内部の真皮層にまで入り込み、コラーゲンを変質させたり、遺伝子にも影響を与えてしまうこともあります。

UVクリームも、敏感肌専用のものを選んで、しっかりとガードするべきでしょう。  パールネックレス

 

しっかり保湿して、外部刺激から守る

最後に肌表面の角層の保湿です。
たっぷりと保湿を行い、肌外部に水分が逃げないように、バリア機能を補うものが望ましくなります。

微炎症を起こしている時は、沢山の成分が配合されているものよりシンプルなものが一番です。
化粧水にスクワランだけ、なんて、HABAでは言っていますが、基本はシンプルスキンケアで同感です。

他のサイトで肌が痒いときに、セラミド配合のスキンケアを紹介しましたが、さらにピリピリ来ているなら、無添加のファンケルが望ましいと考えます。
ファンケルを使ってみたレビューがありますので参考にしてみてください。

 肌ふっくらときめ細かくするには、肌負担ゼロの無添加スキンケア

スポンサードリンク
関連記事

精油 肌断食で乾燥するけど、肌本来の力を引き出す方法はないのか?
オーガニック化粧品の良さを知ろう 化粧品が合わなければ、折角つけたとしても、肌の体力は落ちていきます...
記事を読む

関連記事

スキンケアの口コミでチェックする項目は、トラブルの有無
口コミから刺激性の有無を判断 アットコスメ(@cosmu)やYahoo BEAUTY、コスメメーカー...
記事を読む

関連記事

低刺激な保湿で、敏感肌(ゆらぎ肌)でもうるおうスキンケアとは
ゆらぎ肌でも、たっぷり潤いたいって思うよね ゆらぎ肌、デリケート肌、敏感肌と呼び方は色々ですが、わず...
記事を読む

関連記事

敏感肌のスキンケアは、角質層を強くすることから
わずかな刺激にピリピリ、ヒリヒリの対策 敏感肌の方で、炎症や赤み、肌荒れに悩まされている方も多いよう...
記事を読む

関連記事

ゆらぎ肌は、肌が薄くてヒョロヒョロだから、不安定になるのよ
長年アミノ酸の開発を行った味の素からでたジ―ノ化粧品とは 仕事の基本が分かっていない後輩に、何を寝ぼ...
記事を読む