広告  

肌くすみの原因は沢山、対策の一番は肌水分を増やすこと

肌くすみの原因は、乾燥、日焼け後のケア不足、加齢が大きな原因です。
肌くすみを改善するには、1にも2にも肌の水分保持力を高めることに他なりません。

 

肌くすみの原因・乾燥

角質細胞の間を水分で満たされた肌は、透明感を増し、細胞も太っているために毛穴が目立たなくなります。キメも揃ってくるのです。

水分不足の肌はその逆で濁ってザラザラしています。
さらに不要になった角質が随時排出されないまま、肌に残るために、角質肥満をおこします。
角質には、外気の汚れやメイクの取り残しなども含んでいますので、重なりあうことで、濁った肌になることは言うまでもありません。

 

乾燥対策

乾燥によるくすみ対策は、余計な角質を洗顔や角質除去ローションで取り去り、たっぷりと水分を与えてあげることで、潤いは戻ります。

kusu3 (1)

 

肌くすみの原因・日焼け後のケア不足

強い日差しの中では、肌は紫外線から守るために、メラニン色素を肌一面に張り巡らせます。
天然の日焼け止めクリームと言われている、このメラニン色素は、肌の再生に合わせて排出されるのが普通です。

例え、日焼けして黒くなっても、作られたメラニンの量と排出される量のバランスが合っている時は、自然と元の肌の色に戻るのですね。

でも、ターンオーバーが遅れ、本来排出されるべき時期に除去されないで、そのまま残る場合があります。
残ったメラニンが、肌をどんよりとくすませているのです。

また、強烈な紫外線を受け続けると、メラニン色素を作るメラサイトという組織が暴走し始めます。
紫外線を受けていないのに、大量にメラニンを作り続けるのです。
作られ続ける箇所が固まっていると、色素沈着してシミやそばかすになります。

 

日焼け後のケア不足解消

日焼けによるくすみ対策は、常にUV対策を怠らないことです。

スポンサードリンク

排出が遅れたメラニン色素は、ビタミンCなどで分解、目立たなくさせることができます。
メラノサイトの暴走も、ビタミンCは、メラニン生合成に重要な役割を果たしているチロシナーゼに作用し、その活性を阻害するため、メラニン色素の合成を減らすことができます。

ターンオーバーの遅れは、保湿力のある肌環境にすることで、ターンオーバーを促して行くことができます。
kusu3 (2)

 

肌くすみの原因・加齢

人間の肌は、毎日作りかえられて、肌表面の古い肌を排出させ順々に下から押し上げていきます。
これをターンオーバーを呼ぶのですが、加齢により肌を作る力が弱くなっていきます。
若い頃なら28日周期で、作られた肌は肌表面に上がりますが、30代は40日、40代は55日、50代は75日、60代は100日と言われています。

ターンオーバが遅れることで、古い角質が剥がれ落ちなくなり、角質肥満をおこします。
肌内部に溜まっていたメラニン色素を押しだすことができないで、メラニン色素を蓄積させてしまいます。

また、美肌の栄養分であるコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド・・・なども、体内で作られる量が減るために、保湿力が弱まり、年齢を重ねるごとに乾燥肌になってしまうのです。

 

年齢肌対策

ターンオーバーの促進は、肌水分量を上げることと、肌環境を充実させることです。

スキンケアで使う保湿成分も、ヒアルロン酸、セラミドといった肌表面を潤わせるものだけでなく、肌の土台部分のコラーゲンを増やすことで、肌環境は格段に上がります。

美肌の栄養分も、食事やサプリメントで内側から取り込んだり、年齢肌対応の美容成分が豊富に配合されたクリームを使うと、肌は活性化されて生き生きしてきます。
最近では、自らの力で美容成分を生成させるのを促す成長因子化粧品等もあります。

栄養を肌の隅々までいきわたらせるには、充分に水分を含んだ肌であることが大切です。水分不足の肌にならない努力がどうしても、必要なのです。
 kusu3 (3)

スポンサードリンク
関連記事

no image 肌水分が新陳代謝を促し、黒ずみやくすみ対策になる
肌の新陳代謝と水分量は、大きくかかわってきます。 肌を乾燥させたままの状態にしておくと、くすみや黒...
記事を読む

関連記事

代謝が良い肌だけど、もっと透明感を肌に与えたい欲張りさんへ
若い肌に油分の多いスキンケアは、禁物 私がスキンケアで、後悔している一つに若い頃に熱心に、化粧品を使...
記事を読む

関連記事

乾燥肌の人はしみになりやすい
乾燥肌の人は、シワになりやすいのは想像がつきますが、実はシミにもなりやすいのです。乾燥肌の人は、水分...
記事を読む