広告  

30代の毛穴ケアは、角栓を作らせない肌環境を作ること

30歳までの毛穴ケアが適切かどうかで、その後の毛穴の大きさが決まるというのが、私の経験です。

毛穴は、角栓が詰まり乾燥して硬くなったり大きくなったりすることで、毛穴の壁を押し広げていきます。
もう一つ、毛穴を広げる原因に、肌の土台が痩せていくために凹むこともあります。

肌の土台が痩せるのは、もう少し先です。
30代の場合、よほど屋外での活動が多く、紫外線を受け続けた人ぐらいでしょう。
鼻
 

水分も弾力もたっぷりある20代と同じ毛穴ケアは、駄目よ!

弾力も水分量もあり、まだまだ成長過程にある20代の肌は、毛穴の引き締まり方も違います。
柔らかい角栓を指で押しだしたり、固まった角栓を毛穴パックで、ベリベリっと剥がしても平気なはずです。
キュッと引き締まりキメが整う時期は、毛穴の変化に気づきません。

しかし、そうして回復力の高い年代が過ぎ、成長した30代の場合は話が異なってきます。形状記憶のように広がった毛穴を、戻すことはほとんど不可能。

30代の毛穴ケアは、詰まった角栓を取り除くケアから、角栓を詰まらせないスキンケアを重視するべきです。

 

角栓をおさらいしてみると

そもそも、角栓と何でしょう?
角栓は、皮膚から剥がれ落ちた角質が7割、皮脂が3割で作られます。

角質も皮脂も、常に皮膚から剥がれ落ちたり分泌され続けています。
例え毛穴の中に入り込んだとしても、普通は自然に剥がれ落ちて入れ替わるのが普通です。

毛穴の中で角質が留まるには、それなりの理由があります。
皮脂が過剰分泌される状態の肌であることと、成長しないまま角質となってしまう肌環境であることです。

本来、剥がれ落ちるはずの角質が排出されないのは、必要以上に早く肌表面が剥がされ、成長段階にある角質が、強引に外気に触れているためです。
充分な成長過程を経ていないために、未熟で本来の働きが出来ません。
そんな角質は、直ぐに乾燥して縮こまってしまいます。

成長していない角質ができる原因は、洗顔や顔ぞり、ピーリングで、成長以上に肌を剥がしているお手入れが考えられます。アレルギーや肌荒れでも、肌が剥がれます。

これらの中で、洗顔によるものが大半です。

 

角栓を作らせないケアとは

角栓を作りにくくさせる肌環境は、皮脂バランスをコントロールすることと、正しい洗顔となります。
ただ、この二つは、多くのサイトや雑誌で言い尽くされてことであり、多くの女性は既に承知している事でもあります。
それでも、毛穴の悩みが消えないのは、使う化粧品を切り分けていないためです。

 

皮脂バランスのコントロール

皮脂が過剰に分泌される原因は、若さの他に、食べ物、ホルモンバランス、乾燥肌、体質などがあります。
化粧品で解決できるのは乾燥対策と、皮脂抑制対策となります。

スポンサードリンク

 

角栓と肌水分

乾燥肌になると、紫外線や外気などから守るために、必要以上に皮脂を分泌させます。
インナードライと言われる症状ですが、本来の肌機能以上に多くの皮脂が作られてしまうのです。

インナードライでなくても、肌水分量が上がれば、角質は溜まりにくくなります。
水分を含んだ肌は角質の排出を促し、角質も水分を含み容易に剥がれ落ちていきます。

ただ、薄くなった皮膚に多くの保湿成分を、入れ込むのは無理です。
肌を覆うバリア機能の代わりをしてくれる、化粧品があります。 『ネットのように肌を覆って外部刺激から守る』なんて、広告に書かれていますね。

保湿感は、他の肌トラブルと比べると比較的早く感じることができるので、使ってみてハリ感が違うと考えたら、頼りにしてください。

しばらく使い続け、角栓ができにくくなったら、他の保湿化粧品を楽しんでも良いかと思います。

 

皮脂抑制に良いビタミンC

皮脂を抑制するのは、ビタミンCです。
ビタミンCは、皮脂を抑制する上、毛穴の引き締め効果もありますので、年齢を問わずに毛穴ケアで使われます。
ビタミンCの弱点はピュアなものであればあるほど、刺激が強くなります。
濃度の低いもの、低刺激なもの、ビタミンC誘導体などから使い初めるのがおススメです。

下記の洗顔ケアで角質層が健康になれば、肌バリアが回復して、ビタミンCの刺激を強くすることもできます。
脂性の方には、強い味方をしてくれるビタミンCですので、合うものを探してみてください。

 

30代角栓対策の洗顔方法

角栓は1日で溜まるものではありませんが、角栓をゴソッととるための洗顔料は沢山ありますし、パックやクレンジングにしても然りです。
ただ、使い続けることで少しづつ角栓を取り除くような、予防的な洗顔料は皆無です。 『この洗顔料を使い続けたら、自然に、角栓ができなくなったのよぉー。』なんて聞いた事がないからです。

洗顔で、角栓を作らない肌環境を作ることは出来ません。
確かに、洗顔後に油膜感が残り、成長しきれていない角質を守るタイプのものも少しづつでてきてはいます。
でも、こうした洗顔料は年齢肌ケア向けであって、角栓の悩みの真っ最中の方向けではありません。

つまり、角栓をゴソッととるための洗顔料は、得てして、毛穴以外の角質を必要以上に剥がします。
角栓を作らせない肌環境づくりとは、相反するのです。

おススメは、洗顔料を使い分けることです。角栓が気になる日と、そうでない日で、洗顔料を分けます。
通常は、優しい洗顔で成長しきれていない角質を、育てることに集中させます。

角質が育って、角栓ができにくくなったら、角栓をとる洗顔料の使用を止めてしまう事をおすすめします。

化粧品は、確かに嬉しい実感をもたらすようになりつつありますが、肌悩みが解決したら別のものに切り替えていくことが大切です。

スポンサードリンク
関連記事

30代の肌荒れは、頑張り過ぎたあなたが悪い!
30代が陥りやすいワナと、肌荒れの関係を解明した 主に、美肌を作っているのは睡眠と食事とホルモンの3...
記事を読む

関連記事

癒しの空間 30代のオイリー肌は、保湿と引き締めで対応
これ以上オイリー肌にならないケアで、後年の美肌を確保 オイリー肌の原因は、年齢的なもの、食生活、スキ...
記事を読む

関連記事

30代のニキビは、アクネ菌に嫌われるスキンケアケアを
毛穴を塞がないために必要な事 大人ニキビの原因は、体の中にあります。生活習慣やお手入れの方法で、皮脂...
記事を読む

関連記事

肌のキメの乱れをみすみす見逃すと、肌密度の低下へまっしぐら
20代から30代にかけての酵母化粧品ってあまりなかったよね 最近、エイジングレーザーですっかり肌密度...
記事を読む

関連記事

白い花をつかむ女性の手 30代のスキンケアは甘やかしすぎもスパルタもNGです
見える肌トラブルはないけど、肌不調を感じるのが30代よ 特に体調がおかしいわけでもないけど、ちょっと...
記事を読む