広告  

確かにライスパワーNo11の貯水力は凄い

外気の湿度が低下してぽっかりと毛穴が目立ち始めるのは、しかりと肌をガードしていない証拠です。
肌水分が外気奪われると、顔の細胞がちょっとづつ縮まっていきます。

皮膚が顔を覆いきれなくなり、引っ張られて、毛穴の部分がぽっかりと空洞になってしまうのです。 コーセー米肌 トライアル

乾燥で開いた毛穴ケアは怠ると、戻らない毛穴になる

こんな時期に最も注意しなくてはならないのは、開いた毛穴に入り込むメイクや埃です。さらに、入り込んだ汚れが毛穴を広げていきます。
毎日の洗顔お手入れも気を抜けませんね。

外気の湿度の低下は、誰でも受けるものですので、冬肌のカサツキが気になる季節は、保湿重視のお手入れに切り替えましょう、

さらに、少々外気に奪われても、大丈夫なくらい肌水分を貯金しておくと、『開いた毛穴がなかなか閉じない』なんて、悲しい悩みも消えてしまいます。

肌にずしりと水分を感じることができると、最近思っているのは、ライスパワーNo11です。
特許成分だからという固定概念を抜きにしても、溜まった水分の重みを感じることができたから、驚きです。 冬の街頭

ライスパワーNo11を使用したコスメとは

以前ライスフォースを使用した時の、溜めこんだ水分の重みに感動した私は、同じライスパワーNo11を使用している、コーセーの米肌も使用してみました。

米肌の魅力は、ライスパワーNo11に加えて、セラミドを配合していることです。
肌内部の水分を上げるだけでなく、外気の乾燥からしっかりと守ってくれるところにメリットがあります。

ただ、米肌の方は、ライスパワーほど肌の中でちゃぽちゃぽと言うほど、たっぷりの水分を実感しません。
徹底的にもっちりと、ふっくらした肌質で、若さをアピールしたい方にはライスフォースじゃないかと思います。
ライスフォースもいずれ当ブログで紹介しようと思いますが、まだ書いていないので、他のサイトのレビューを記載しておきます。 え!これが女優が使うコスメなの?目が点になったライスパワーとは ライスパワートライアル

毛穴が気になる時は、保湿力を強化

毛穴が広がって気になって、保湿力を強化させたい望むなら、米肌の方かと思います。

肌水分を溜める(貯水力)と、保湿力があると言うことは似ていますが、若干異なります。
貯水力はスポンジのようなところに水分を入れ込むイメージですが、保湿となるとスポンジからの水分蒸発も防ぐ意味があります。

いずれにしても、自分の肌で体感してみると、キメや手触り、固さ、メイクのノリなどが微妙に異なっているので、違いが分かってきます。

コーセー米肌 スタートキット   コーセー米肌 お試しセット

コーセーの米肌トライアルを実感

米肌のトライアルは、6アイテムの2週間分。

  • 肌潤石鹸 15g
  • 肌潤化粧水 30ml
  • 肌潤化粧水マスク 1枚
  • 肌潤改善エッセンス 6回分
  • ジェルクリーム 6回分

 

使ってみると肌が楽で、お手入れ中も、テスクチャ-や肌馴染みで不満が出ませんでした。
これって、当たり前のことなのですが、わずかなベタ時や肌への油膜感など、どのトライアルでも一つや二つは感じるものなのです。
米肌はなかったですね。

スポンサードリンク

さすが、大手だけあってしっかりと研究しているし、数多くのモニターテストのたまものなのかもと、要らぬことを考えました。 コーセー米肌 トライアル

洗顔石鹸

洗顔石鹸は、ネットの中に入れて、2~3回転がすだけで、驚くほど直ぐに泡ができます。
こんなに簡単に柔らかいのだから、直ぐに石鹸は小さくなると思いきや、意外にコスパが良く長持ちします。

トライアルが終了しても、あと2週間以上は使えるでしょう。
コーセー米肌 洗顔石鹸 コーセー米肌 肌潤洗顔石鹸

化粧水

とろりとした化粧水は、肌馴染みが良く浸透していくし、べたつかないサラッサラッとした仕上がりになっています。

たるみがちなと言うよりは、ぼよんぼよんになってしまりが無い私の顔が、若干引き締まった気がしました。ハンドプレスの回数は、2~3回で、しっとり感がでます。

化粧水の潤いの元は言うまでもなくライスパワーNo11なのですが、ライスパワーNo11はお米が原料ですが、90日間発酵させている発酵成分でもあります。
微生物によってじっくり熟成されたお米は、分子一つ一つが小さくなり、肌への浸透感も高まります。自然の営みを使って作られた成分だからこそ、肌が楽だって感じることができるのでしょう。

コーセー米肌 肌潤化粧水 コーセー米肌 肌潤化粧水

クリーム

クリームは、柔らかくべたつきがありませんが、ほんの少し粘りを感じます。

つけた後、溜めこんだ水分が封じ込まれて、ふっくら感を感じるものの、油膜感はゼロです。

コーセー米肌 肌潤クリーム コーセー米肌 肌潤クリーム

肌潤ジェル

私がトライアルをした時は、肌潤改善エッセンスは入ってはいませんでした。ちょっと、残念ですがジェルクリーム6回分は体感しています。

見た目はジェルですが、つけた感じはクリームです。
柔らかくて、ジェル独特の乾いた時のつっぱり感がないのに、ハリを出してくれます。コーセー米肌 肌潤ジェル コーセー米肌 肌潤ジェル

マスク

トライアルの中で、肌水分が一番上がったと実感できるのは、いうまでもなくマスクです。
たっぷりと水分を含み過ぎて、下から液が垂れてしまうこともあるのですが、マスクの水分量は程良く調整されています。

つかった後は、入れ込むだけ水分を入れ込んだぁ~という感覚と、表面の皮膚が柔らかくなっていました。コーセー米肌 マスク

最後に

1日外回りした後、外気にさらされて、ファンデも毛穴に詰まらせた良ねっと言う日も、クスミがでません。スポット毛穴の汚れも落ちていました。

肌水分が上がると、毛穴に詰まった汚れの落ちも良いみたいです。

できてしまった毛穴のケアに使うなら、米肌は、エイジングを意識しているので良いかなって思います。

スポンサードリンク
関連記事

敏感肌で、毛穴が開きやすい理由は何故か?
年齢肌でも脂性肌でもないのに毛穴が開くのは辛い 敏感肌の方は、毛穴が開きやすいのは、紫外線、外気、雑...
記事を読む

関連記事

肌の保水力は、保湿効果の高い化粧品でガードしてこそ意味がある
保湿力が低い人は、セラミドが少ない人が多い 雑誌でよく見る保水力と保湿力の違い、最近は貯水力なんて言...
記事を読む

関連記事

no image 思春期以降の毛穴対策が、乾燥毛穴で広がるのを防ぐ
ニキビに悩まされた思春期の終わり、ベタベタの肌とも、もう汚い毛穴ともオサラバヨと、考えていたのに、大...
記事を読む