広告  

肌ダメージ成分を蓄積させずに、肌をふっくらさせる無添加化粧品

浸透力があり、肌細胞の隅々までいきわたり、ずっと潤いを保ち続けるスキンケア、あればいいと思いませんか?
ファンケルモイスチャライジングトライアル

↑今のと幾分パッケージが異なっています。

 

乾燥した肌にスキンケアを使用しても潤わない理由

乾ききった肌は、細胞も委縮しているし、全体的にゴワゴワしていて硬くなっています。
固まった肌環境に、いきなり保湿力のあるスキンケアを入れ込んでも、どうやら思うように浸透しないようです。

保湿力を高めるためには、まず潤い成分がスムーズに流れるように通り道を作ります。
ファンケルの化粧水は、肌環境を柔軟に整えながら、肌の隅々まで、保湿成分を届けるように考えられています。

折角、水分補給を肌にしても、直ぐにカサカサになってしまうのは、肌バリア機能がしっかりしていないためです。
肌バリア機能は、外気の乾燥から肌を守り、水分の蒸発を防いでくれます。

肌を柔らかくして水分を浸透させる、肌バリア機能を強化して水分を逃がさない、というのがファンケルの保湿効果の仕組みです。

 

浸みこんで、隅々までいきわたり、ずっとそこにいて!

浸透力があり、肌細胞の隅々までいきわたり、ずっと潤いを保ち続けるスキンケア、あればいいと思いませんか?
フェイスマスクやローションパックでゆっくりと浸透させたり、スチームに当てたりと工夫としますが、毎日それをし続けるのは大変です。

折角水分を浸透させて、潤い感を感じても、1日経つとカサツキを感じ始めます。
お化粧のノリで、『あ!乾燥している』って、分かってしまいますよね。

浸透力と保湿成分の持続が、望みです。

そんな気持ちを察した、ファンケルの保湿に効果があるトライアルを見つけました。
肌が潤い続けるために、肌に与えるダメージを最小限にした無添加化粧品です。
潤い持続の秘訣は、肌ダメージを蓄積させないこと。
そんなゆらぎやすい肌を意識した保湿シリーズは、モイスチャライジングラインです。

 

無添加化粧品の使用感を私から口コミ

濁りのないスキンケアを持続して使うためには、空気や時間の経過にも神経をはらっています。
密封容器であり、製造年月日の明記にほっとしてしまいます。

綺麗な清水の中に手を入れて、思わず飲みたくなるように、ファンケルのお試しを使ってみました。

 

イメージを壊さない真っ白い箱に、洗練されたロゴ

美し~い
ファンケルモイスチャライジング外箱

 

真の美しさをあなたの肌へ』読めますか?

ブルーの洗顔ボールが、白一色のコスメセットのアクセントになっています。
ファンケルモイスチャライジングトライアル

 

密封容器を開けてみた

美容液は、1回限りのパウチに入っています。
では、他のアイテムは・・・
↓ほんと、密封だわ。
ファンケルモイスチャライジング密封ボトル

スポンサードリンク

 

内部の蓋をつき破ることができるように、プラチックがとがっています。
リングを外して、再び蓋をしっかり閉めればOK。
FANCL モイスチャライジング 蓋

 

マイルドクレンジングオイル

手にとったときは、ドロッとしたオイルクレンジングそのもの。
ガッツリメイクに直ぐに馴染み、水をかけながらすすいでいると、簡単にヌルつきが取れました。

『あれ?』オイルクレンジングだったよねと、思わずボトルを見ます。
洗い上がりは、皮膜感もなくさっぱり。
落としにくい小鼻の脇も、目の周りのポイントメイクも落ちていました。
こんなに落ちているのに、カサカサ感はなし。従来のメイク落とし後の感覚が、ちょっと狂った気がしました。
モイスチャライジング マイルドクレンジングオイル

 

洗顔パウダー

窓の風で吹き飛びそうなくらい、軽くて細かい粉です。
洗顔ボールに水を含ませた後、こんな風に、パウダーをすり切りまで、詰めて使用します。
FANCL モイスチャライジング 洗顔ボール

 

手の中でスポンジ状のボールを、縮ませながら何度も転がし、泡を作ります。
泡も細かくて、顔におくととっても柔らか~。
モイスチャライジング洗顔ボール

 

化粧水

とろみのあるテスクチャーで、つけた瞬間、密着感があります。乾燥しているからと、何度もパシャパシャとつけなくても、潤い充分です。
モイスチャライジング化粧水

 

美容液

とろみがあるけど、つけ心地はサラッとしています。乾燥が気にならない日は、美容液までで充分かもと思いました。
モイスチャライジング美容液

 

乳液

乳液というよりクリームといった方が良いような、肌にしっかりと蓋をしてくれます。
肌荒れをしている時、カサツキが気になる時は、頼りになりそうです。
モイスチャライジング乳液

 

ストレスのない肌は、保湿効果も高く新陳代謝も高い

少しづつ蓄積される肌ダメージ。
それは、紫外線だったり、年齢からくるものだったりもあるけれど、化粧品の添加物であることもあります。
わずかだからと見逃していると、時間がたつにつれシミやシワといった肌トラブルに。

ダメージを受けた細胞は、保湿力も衰え、新陳代謝も遅れがちになります。
いつも最高のコンディションでいたいですね。

悩みごとも心配ごともない心は、ハツラツとしていますが、美肌も同じだと思います。
有害物質のない肌でいれば、化粧品の美容成分も充分に活用し、肌再生の新陳代謝も高めることができます。新陳代謝が高まれば、うるおった肌が古い角質を排出させ、さらに浸透力のある肌になるのです。

無添加にこだわったファンケルで、一度肌をリセットしましょうよ。
濁りのない環境で、初めから、自らの力できれいな肌を作ってみませんか?

スポンサードリンク
関連記事

化粧水浸透しないことには始まらない!保水力の高い美容液
ヒアルロン酸の130%の保水力をもったプロテオグリカンプロテオグリカンと聞いて、『オヤ?』と思われた...
記事を読む

関連記事

no image 水分不足の肌はかゆみを招く
肌のかゆみを無視すると、肌が綺麗じゃなくなる 肌のかゆみの原因は色々で、掻きむしりたくなるような強い...
記事を読む

関連記事

細胞間糖脂質と呼ばれるセラミドは、化粧品の成分としても利用
セラミドがどうして保湿の王様なのか?湿度が下がる冬や、強風に当たると乾燥肌になり、スチームを目の前に...
記事を読む

関連記事

肌乾燥を防ぐ方法は、外気に肌水分を蒸発させないことです。
ご存知ですが、角質層の働き 生まれつき乾燥肌の人はそう多くありません。乾燥肌になる原因は日常生活に至...
記事を読む

関連記事

皮膚が薄い人のスキンケアは、皮脂膜と角質層の水分量を上げる
外部ストレスを受けやすい薄い肌の人が、大切にすること赤ちゃんの肌は血管が透けて見えるのは、皮膚が薄い...
記事を読む