広告  

わずかな刺激にピリピリ、ヒリヒリの対策

敏感肌の方で、炎症や赤み、肌荒れに悩まされている方も多いようです。
特定のアレルギー物質を持ち、外部からアレルゲンが体内に入ってきた時、過剰反応するために皮膚疾患が起きてしまうのですね。

皮膚を覆う角質層が薄かったり、弱かったりすると、外部の刺激が伝わりやすくなります。
角質層の厚さは体質的なこともありますが、角質層を構成している組織を強くすることで、アレルゲンの侵入を防ぐことができます。

炎症や赤みがある場合は、取りも直さず皮膚科を受診するべきですが、そこまではいかないけど、時々ゆらぐ方は、角質層強化のスキンケアにポイントを置くべきです。

20140725binkanskincare

 

角質層を強くするには、セラミドが必要

敏感肌の方の、角質層を調べてみると、セラミドが減少しているために、乾燥肌を引き起こしているということが分かっているそうです。
乾燥した皮膚が、ボロボロを剥がれ落ちて、尚のこと肌を薄く敏感にさせてしまっています。

角質層にはその名のとおり、角質細胞が敷きつめられています。
その細胞間どおしをつなげる糊のような働きをしているのが、細胞間糖脂質です。
細胞間糖脂質の主成分がセラミドで、セラミドのことを細胞間糖脂質と言われることもあります。

セラミドが少なくなると、細胞は剥がれ落ちてしまいます。

スポンサードリンク

セラミド信仰の裏には、過敏な肌を持つ人たちが、セラミドをつけることにより肌環境が改善したという、症例があるからのようです。
セラミドが充分に足りている肌は、角質層が強く、外部刺激からも強い肌になっているのです。

セラミド配合の化粧品も、いくつか出ています。
ただ、セラミドは分子の大きさが大きく、外から皮膚内部に浸透させることが難しいという難点があります。
セラミドの分子を切り離し微粒子化して、ナノセラミドにして配合しているようですね。

セラミドには種類があって、人間が持つものと似たものを、人為的に作りだす場合と、植物などの天然のものから抽出したものの場合など、色々です。

最近は、セラミドにこだわらず、独自にバリア機能強化をさせるための成分が開発されています。
正式な機関で賞を得たものもあり、その保湿効果はなかなかのものです。
デッセンシア、オルビス、ビーグレン等は、良いものを作っていますよね。

 

バリア機能強化は日常生活から

化粧品でつけるケア以外にも、角質層にダメージを与えないために、日常生活で気をつける点があります。
敏感肌だと思っていたら、洗顔の方法を変えただけで、ピリピリしなくなったなんてこともあるようですよ。

  • 肌に負担がかかる石鹸の成分には、石油由来界面活性剤を避ける
  • ゴシゴシ洗いは禁物、優しく泡の力で汚れをおとすこと
  • 直接身につける衣類は、できるだけ合成素材のものを避け天然素材のもを使用<
  • 購入したばかりの衣類は、工場で化学薬品が付着している場合が多いので、一度洗濯して着用

純粋にセラミドだけでケアをしたいと言う真面目な方におススメなのは、製薬会社が開発したこちらの化粧品です。

スポンサードリンク
関連記事

ゆらぎ肌は、肌が薄くてヒョロヒョロだから、不安定になるのよ
長年アミノ酸の開発を行った味の素からでたジ―ノ化粧品とは 仕事の基本が分かっていない後輩に、何を寝ぼ...
記事を読む

関連記事

スキンケアの口コミでチェックする項目は、トラブルの有無
口コミから刺激性の有無を判断 アットコスメ(@cosmu)やYahoo BEAUTY、コスメメーカー...
記事を読む

関連記事

精油 肌断食で乾燥するけど、肌本来の力を引き出す方法はないのか?
オーガニック化粧品の良さを知ろう 化粧品が合わなければ、折角つけたとしても、肌の体力は落ちていきます...
記事を読む

関連記事

低刺激な保湿で、敏感肌(ゆらぎ肌)でもうるおうスキンケアとは
ゆらぎ肌でも、たっぷり潤いたいって思うよね ゆらぎ肌、デリケート肌、敏感肌と呼び方は色々ですが、わず...
記事を読む

関連記事

顔が乾燥してピリピリする原因と解消法
微炎症を起こした肌には、シンプルスキンケア 顔がピリピリする瞬間ってどんな時ですか? 私の場合は、シ...
記事を読む