広告  

30代が陥りやすいワナと、肌荒れの関係を解明した

主に、美肌を作っているのは睡眠と食事とホルモンの3つ。

ところが、30代の一般的な女性の生活はどうでしょう。
恋も仕事もレジャーもと、とにかく欲張り、時間を削って深夜残業、食事を減らしダイエットに精を出します。
その結果、便秘になったり貧血になったり、それでも頑張る!

小粋な生活のためにはと、短い有給休暇の間に過密に組んだ旅行スケジュールに、お腹が張り裂けそうなグルメ三昧。
食通もレディのたしなみと、ランチはいつもフルコース。

そりゃ、肌荒れだって起こしますよ。
そこで、30代女性にありがちなことと、肌荒れとの関係をまとめてみました。
キーボードを打つ女性

 

完璧主義な仕事がストレスを溜める

後輩も次々に入社して、仕事もノリノリ。
ここは、完璧に仕事をこなして、周囲の評価を上げたいと願うのは自然な事ですが、ストレスと睡眠不足は美肌の敵です。

ストレスは、ホルモンバランスを狂わせます。
ホルモンは、自律神経によって調節されます。
人は日中は交感神経が働いて、やる気を引き出します。夜は、副交感神経が働いて、リラックスして就寝しやすいようになっているのです。

常に仕事をしていて興奮状態が続くと、交感神経が常に血管を収縮させて血行を悪くさせます。
残業が続くと、くすみがちになり肌がカサつくのは、血行のせいだったのですね。
無理に副交感神経を働かせようとすることで、免疫機能を低下させてニキビや肌荒れになると言われています。

また、睡眠時は、人間の体を再生させる大切な時間です。
睡眠不足は、体調を狂わせ、美肌を再生する時間も減ります。

 

無理なダイエット

食事制限のダイエットは、日本ぐらいだそうです。
今や、体重を減らすのではなく、体を絞るのが正しいダイエットです。

食事を抜いても、からだのあっちこっちに負担がかかるだけで、なにも良い事がありません。
何を食べたら美肌に良いとか、何を食べなかったら痩せると言った単純なものではありません。
栄養素の総合バランスが大切となります。

サプリメントで補えるのは、足りない成分であって、食事全体を再現することはできないのです。
また、ダイエットには食物繊維が適していると聞いて、果物や野菜ばかりとっていると、後で後悔しますよ。

スポンサードリンク

 

誤解していない?美肌に必要な栄養素

美容雑誌等の情報で、美肌に必要な栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラル。
腸内環境を良くして、肌荒れを起こさせないためには食物繊維ということは、多くの女性の知るところとなっています。

逆に、痩せるためには、ご飯を抜くとか油ものを抜くと良いと言われていました。
実は、健康な肌には二つとも大切なのです。

 

炭水化物不足は乳酸菌を減らす

ご飯の主成分である炭水化物は、体内でブドウ糖に変換されて、脳を働かせるのに大切な成分です。
炭水化物に含まれる糖質は腸内細菌の餌に、食物繊維は腸内環境を整える役割を持っています。
この二つが働かなくなることで、腸内環境は悪化します。美肌とダイエットに効果のある乳酸菌も、減ることが分かっています。

 

脂質

脂質も脳の働きに貢献しています。

皮膚のバリア機能と言われている、保湿成分セラミドの材料でもあります。
美肌を作る秘薬、女性ホルモンも脂質の中のコレステロールが材料になのです。

脂質が不足すると、保湿成分のセラミドが減ることで乾燥肌になります。
女性ホルモンも減り、女性らしい柔らかいしなやかな体は失われ、月経不順を招きかねません。

体内の炎症と抑制とも関係していて、アトピーやアレルギーを引き起こすことにもなるのです。

 

ホルモンバランスが狂う

食事は、月経を司るホルモンの分泌に影響を及ぼします。

 

過度なスキンケアが保湿不足の肌にする

その昔NHKのためしてガッテンで放送されていましたが、周囲から『美肌マニア』と呼ばれる40歳の女性が、89歳のおばあちゃんに、素肌対決で負けてしまったそうです。

ところで、社会人になりたての20代は、目移りするほどの化粧品とエステ情報に、次々とお金を掛けたくもなります。
つぎ込んだ結果が、現れるのは、30代でしょう。

ためしてガッテンで40歳の女性の敗因は、肌を覆う角質細胞が未熟であったためです。
角質細胞が未熟だと、角質細胞を繋ぎとめるセラミドも、作られることがありません。
肌水分の蒸散を防ぐ、角質層が隙間だらけになるので、常にカサカサ肌となるのです。

番組の最後で、過度なお手入れが逆効果という結論になりました。

ゴシゴシ洗いの洗顔、水分の過度な与えすぎが、素肌の力を弱める原因となります。
化粧水の後は、油性のクリームを使うことで、肌水分の蒸散が防げます。

また、蒸しタオルを毎日行うと、血管が収縮しなくなったり、赤みの原因になるそうです。医師によると、蒸しタオルのお手入れは、週1・2回だそうです。
スキンケアも時には、お休みするぐらいが良いとありました。

スポンサードリンク
関連記事

酵母発酵化粧品アルケミースキンケア 酵母発酵化粧品で、30代はパンのような肌がいい
パンのように膨れた肌に、声もワントーン高くなる できたてのパンはふっくらしていて、指で押しこんでも『...
記事を読む

関連記事

鼻の画像 30代の毛穴は、皮脂バランスのコントロールを重視したい
30代の毛穴ケアは、角栓を作らせない肌環境を作ること 30歳までの毛穴ケアが適切かどうかで、その後の...
記事を読む

関連記事

30代のニキビは、アクネ菌に嫌われるスキンケアケアを
毛穴を塞がないために必要な事 大人ニキビの原因は、体の中にあります。生活習慣やお手入れの方法で、皮脂...
記事を読む

関連記事

癒しの空間 30代のオイリー肌は、保湿と引き締めで対応
これ以上オイリー肌にならないケアで、後年の美肌を確保 オイリー肌の原因は、年齢的なもの、食生活、スキ...
記事を読む

関連記事

白い花をつかむ女性の手 30代のスキンケアは甘やかしすぎもスパルタもNGです
見える肌トラブルはないけど、肌不調を感じるのが30代よ 特に体調がおかしいわけでもないけど、ちょっと...
記事を読む