広告  

植物が枯れるのは、言うまでもなく水分不足。
シワができて、落ち葉などを拾うとわかりますが、細胞同士を結合する力も弱く、少し力を加えると、粉々になってしまいます。表面はツヤが無がありません。シイタケや果物が乾燥すると、形が変形したり小さくなります。
果物が乾燥していくさま

人間の皮膚も、体の内部から充分な水分が送り込まれなかったり、必要以上に外気に水分を奪われてしまったりすると、乾燥を引き起こします。
水分を含んでいた肌は、収縮するので、シワになります。

シイタケは、水に入れてしばらくすると、膨れ上がり、ほぼ元の形に戻すことができますが、果物は内部の組織が破壊されてくさったりしていますので、元の方に戻すことはできません。
乾燥だけで、シワが寄ってしまった肌の場合は、充分に保湿を行うことで、ツヤやハリを戻すことができます。

スポンサードリンク

人間の体は60%は水からできており、内部の組織が破壊されるまで、乾燥することはありませんが、肌の表皮層が乾燥することで、外部の刺激から守るバリア機能が低下します。
外気の細菌や、太陽から降り注ぐ紫外線、化粧品の添加物等が、バリア機能を簡単に通過させて、内部組織を壊すのです。
壊れた組織が、減少して変形したら、果物が腐って皺が寄るように肌にシワが刻まれてしまいます。

肌の表面の表皮は、皮丘と呼ばれる丘のような部分と、その間の溝の皮溝に分かれています。皮丘が、規則的な多角形形成すると、キメが整った健康な肌ということになります。水分が不足すると、ひとつひとつの細胞がふっくらしないために、皮丘が不規則に並んで、皮溝が切れ切れになります。さらに水分不足が続くと、皮溝が深くなり一定方向に走り出しシワとなるのです。
逆に、水分をたっぷり含ませると、キメが整った透明な肌を作ることができるのです。

こうした水分不足に対する対策としては、下記の3つがあります。

・保湿効果のある化粧品を塗り、水分保持力を高める。
・マッサージによって、新陳代謝をサポートさせて、水分を含んだ新しい肌を新たに作りだす。
(化粧品やサプリメントでも新陳代謝を高めるものがあります。)
・食べ物やサプリメントで、保湿成分を取り込み、肌の保湿機能を助ける。
スポンサードリンク
関連記事

シワ対策美容液なら、皮膚のターンオーバーを促進させるもので
東尾理子さん愛用の馬セラミド&プラセンタに興味ない? 28日周期で入れ替わる肌細胞の周期の遅れが、し...
記事を読む