広告  

潤いたい!でも、かぶれたら? 微妙ですね。

スキンケアで、かぶれたり、赤くなったり、湿疹ができたり、痒くなったりしてしまうと、その化粧品は使うことはできないし、しばらくメイクを楽しむこともできません。
折角、綺麗になりたいと思って購入しても、出鼻をくじかれたようで、スキンケア事態もどうでもよくなってしまいませんか?

新しい化粧品を使用する場合は、先ずは、二の腕などにパッチテストを行って、反応するかどうかを調べてから、顔につけていきたいものです。

ドライスキンの方は、年齢を重ねれば重ねるほど、乾燥する度合いが増して行きますので、どうしても、『もっと潤うものを!』と考えがちになりますよね。
潤い成分は、次々と新しいものが開発され、試してみたくなるのが心情です。 植木

 

無添加化粧品とは

無添加化粧品は、ひとつの目安になります。
無添加化粧品は、旧厚生労働省が指定したアレルギーを、引き起こす可能性がある成分が入っていない事を言っています。

悲しいですが、化粧品は、毎日次々と新しい成分を開発して、かつては危険な成分と指定された以外の成分でもアレルギーを引き起こす可能性があるものは、どんどん作られています。

 

聞き慣れない成分の安全性の確認は

パッケージに記載されている成分名が果たして、自分の肌に影響を及ぼすのかどうかの判断がつかないことって多いですよね。

スポンサードリンク

そんな時、参考にしたいのは口コミです。
無添加化粧品や敏感肌の方向けのスキンケアには、当然、肌の弱い方が多く集まります。
@コスメをはじめとする、様々な信頼できるポータルサイトの口コミを参考にして、評判の良いところが、反応の起きにくい無添加化粧品であると言えるでしょう。

また、万が一、湿疹やかぶれなどのアレルギー反応が起きてしまった場合は、パッケージの成分名を控えておきます。
次に同じようにアレルギーが起きた時も、成分名を控える、この繰り返しを行うことで、何に反応するのかが、わかってきます。

実際、超敏感肌の方は、こうして自分に合わない成分名を割り出しています。 2回位、反応が起きた時は、何が悪いのかほぼあたりをつけることができます。
私もこれをやっていますが、ちょっと面倒ですが、最悪の事態は避けられます。

 

ドライスキンの方は過敏になりやすい

また、アレルギーは、ひとつの要因だけで反応するのではなく、体調や別の刺激が重なったりしてもおきます。
ドライスキンの方は、肌の角質層が乾燥しているために、皮脂が剥がれやすくなっています。皮脂が剥がれて、バリア機能が損傷すると、外気の細菌や埃等が入り込み、通常は大丈夫な化粧品の成分でも過敏になってしまう場合もあるのです。

ドライスキンの方で、敏感肌の方が一番気をつけなくてはならないのは、バリア機能を痛めないこと。
バリア機能を傷つけてしまう多くの原因は、洗顔にあります。洗顔時の肌摩擦や、石油系の成分が入っている洗顔料の使用は控えたいものですね。

肌ダメージを極力抑えていけば、肌も育ち、はだすいぶんを溜めこむことができるようになります。
同時に、肌内部に色々なものが入り込まないように、ガードとなりうる化粧品をつかって、肌の成長を助けたいところです。

ところで、敏感肌のスキンケアで有名なファンケルの保湿ラインを試してみました。

 

スポンサードリンク
関連記事

乾燥性敏感肌のかゆみは、うるおいを失う瞬間
乾燥肌だからかゆい? いいえ、刺激が伝わるから痒い! 乾燥性敏感肌の人のかゆみは、角質細胞にほころび...
記事を読む

関連記事

no image 乾燥肌は体質でもあるけど、後天的な努力で改善を!
乾燥肌は体質だからと諦めてしまう人がいます。 遺伝子の中に皮脂が作られにくいDNAがあるためで、し...
記事を読む

関連記事

20代で乾燥肌の方は、スキンケアで毛穴つまりに気をつけるべし
ダメージから守るスキンバリアを強くするセラミドに期待! 若くして乾燥肌の人は、このままいくと早く老け...
記事を読む

関連記事

男性も乾燥肌に悩んでいる、保湿ケアを求める方も多い
男性の乾燥肌の原因は、ひげそりとUV対策をしないから ...
記事を読む

関連記事

乾燥を防ぐスキンケアのしっとり効果を判断する時期
乾燥を防ぐスキンケアの種類 乾燥を防ぐスキンケアの多くは、バリア機能を強化させるもの、保湿成分を補う...
記事を読む