広告  

乾燥肌の人は、シワになりやすいのは想像がつきますが、実はシミにもなりやすいのです。乾燥肌の人は、水分も少ないと同時に皮脂量も少ないのです。
022548

皮膚からでる皮脂は角質と混ざり合い、肌の表面を守る天然のクリームになります。
紫外線や外気の乾燥した空気は、乾燥肌の人は、天然クリームの薄いので堪えるのです。

シミの元であるメラニンは、刺激を受けた肌を守るために生成されています。
守りが弱ーい肌には、いつもメラニンが作られ続けているはずです。

肌の乾燥が進むと、肌の表面を覆っている沢山の角質層が剥がれやすくなってきます。
角質層は角質細胞がレンガ状になっていますが、乾燥によって、カサカサになり粉を不意いたような状態になります。
ますます、肌の水分量は蒸発を繰り返し、外部の刺激から守るためにメラニンが生成され続けます。

角質層を痛めてしまう理由として、化粧品や、洗顔のやり過ぎといった誤ったスキンケアが原因の場合があります。刺激の少ない、自分に合った化粧品で、洗顔後の肌のカサツキをチェックすることも、大切なこととなります。

スポンサードリンク

作られたメラニンは、新しい肌が作られ押し上げられると同時に、古い角質と一緒に排出されていくのですが、乾燥した肌だとメラニンが上手く排出されません。
新陳代謝の低下のために、古い角質細胞が溜まりだし、そこに留まったメラニンが増え続けるために、シミとなってしまうのです。

乾燥肌の人が、シミにならないために、先ず第一に行うことは、天然クリームの強化です。
既に粉を吹いている人は、これ以上、角質細胞を剥がさないためにしっかりと、油性のクリームで蓋をします。このことで、肌内部の水分量は守られ、肌の修復活動を行いやすくなっていきます。

次に行うことは、保湿機能の強化です。
肌の保湿成分と言われた、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドを、化粧品から与えて増やすことです。

乾燥が年齢によるものであるならば、真皮層のコラーゲン線維に働き掛ける、成長因子成分(プラセンタ)などを使います。

体の中から、潤いを補う、ヒヤルロン酸、コラーゲン、プラセンタも効果があると思います。これらのサプリメントの効果について、信ぴょう性が問われているようですが、多くの女性が効き目を確認していますし、私も、何らかの関係はあると経験上言えます。

乾燥シミの対策は、バリア機能の強化 ⇒ 保湿成分の増強 ⇒ 肌本来の働きのサポートの順で行っていくのが良いですよ。

スポンサードリンク
関連記事

水分不足の肌は、クスミを招く
肌くすみの原因は沢山、対策の一番は肌水分を増やすこと 肌くすみの原因は、乾燥、日焼け後のケア不足、加...
記事を読む

関連記事

代謝が良い肌だけど、もっと透明感を肌に与えたい欲張りさんへ
若い肌に油分の多いスキンケアは、禁物 私がスキンケアで、後悔している一つに若い頃に熱心に、化粧品を使...
記事を読む

関連記事

no image 肌水分が新陳代謝を促し、黒ずみやくすみ対策になる
肌の新陳代謝と水分量は、大きくかかわってきます。 肌を乾燥させたままの状態にしておくと、くすみや黒...
記事を読む