広告  

ご存知ですが、角質層の働き

生まれつき乾燥肌の人はそう多くありません。乾燥肌になる原因は日常生活に至る所にあり、生活習慣病と言ってもいいんじゃないかと思うんです。簡単に書いてしまうと乾燥肌は、肌を保護している角質層に負担がかかる生活をしているためにおきます。木の枝

健康な角質層が、肌水分の蒸発を防ぐ

人の肌の外気から肌を保護し水分の蒸発を防いでいるのは、角質層と呼ばれる部分です。肌乾燥を防ぐには、この健康な角質層を持ち続けることです。

角質層は、15層位の階層構造になっていて消耗していきますので、不要な角質は排出されて新しい角質に入れ変わります。この周期は28日といわれ、加齢に伴い徐々に遅れていきます。

角質の消耗が激しかったら、新しい角質が間に合わないまま利用されますが、新しい肌は未熟で働きがよくありません。そのため、肌水分が蒸発して乾燥肌になっていくのです。

角質層消耗の原因

角質層の消耗の原因のトップは、洗顔料による刺激です。

しっかりメイクの女性は、毎日メイクが落ちる専用のクレンジングを使用していますが、クレンジング剤の配合成分によっては、肌の皮脂や水分を奪ってしまいます。残念なことですが、肌負担が大きいクレンジングは沢山売られています。

合わないスキンケアも、炎症を起こし角質細胞にダメージを与えて、角質を脆弱にさせます。水分や皮脂が不足した、角質層は長持ちしません。

脆弱になってしまうと低刺激の洗顔料を使用しても、直ぐに乾燥肌を直すことができません。お風呂で石鹸を使用しないタモリ方式の入浴の仕方を続けたら、乾燥肌が治った話がありますが、まさしく弱った角質層を取り戻すには相当な時間と辛抱がかかるようです。

角質層消耗の原因の二番目は、紫外線です。トップに上げても良いのですが、UV対策を行う女性が増えたうえ、屋外で仕事をする人も減ってきていることで、2番目にしました。

紫外線は、角質にダメージを与える上に肌水分を奪い、肌内部に活性酸素を発生させます。活性酸素は、肌を酸化させるので角質に与える影響は大きいのです。 レトロな洗面所

角質層を強くする

肌乾燥を防ぐには、角質層の消耗を防ぐことと強くすることです。

角質層は、アミノ酸でつくられた細胞と、細胞の間を繋ぎ止めている細胞間糖脂質で作られています。細胞間糖脂質が減少すると、隙間なく敷きつめられた細胞に隙間ができて、外部刺激が侵入しやすくなります。細胞間糖脂質がたっぷりあることが、角質に必要な環境なのです。

細胞間糖脂質の40~60%を占めている主成分は、セラミドです。セラミド自身も水分を保持して、乾燥を防ぐ働きをします。セラミドを増やすと言うことは、角質層を強くすることに繋がります。

セラミド化粧品

セラミド以外にも、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分はありますが、水際で防ぐならセラミドでしょう?

人の肌に近い天然型セラミドⅡを、洗顔料からクリームまで配合した化粧品があります。小林製薬のヒフミドです。ヒフミドには、5アイテムのフルラインで、1週間試せるトライアルがあります。

これなら、合わなくてもと思い購入して使ってみることにしました。肌水分を蒸発から守るスキンケア

スポンサードリンク
小林製薬ヒフミドを試してみた

ヒフミドは、下記のアイテムと水色の水玉模様にポーチがついてきます。縫製がしっかりしている上に、ビニール製なので、利用できるシーンは数多くありました。 ヒフミドバックと箱

  • クレンジングミルク(メイク落とし)
  • ソープ
  • モイスチャーローション(化粧水)
  • クリーム
  • UVプロテクトミルク(ベース)

ヒフミド・トライアル全アイテム

クレンジングミルク

ミルククレンジングでありながら、肌に載せている間にもメイクと馴染んでくれます。

低刺激で、肌水分が増えたかなと思うくらいふっくらと洗い上がります。洗い上がった後シゲシゲと、毛穴を除き込みましたが、しっかりとメイクも汚れも落ちていました。ヒフミド・クレンジングミルク

ソープ

特にセラミド化粧品と謳っていないのに、洗顔ソープにはセラミドを配合しているものも少なくありません。洗顔時の肌刺激は、やはり大きいのだと思います。

ふんわりした泡の感触が病みつきになりそうな、洗い心地です。ミルククレンジング使用後に感じる油膜感が、スッキリと取れているのに、潤いがしっかりと持続されています。ヒフミド洗顔石鹸

モイスチャーローション

この化粧水を使用したら、ヒフミドシリーズに乳液が無いのが分かりました。水分の浸透感もありますが、ハリ感といきわたった水分でごわつき感を一掃させてくれました。ヒフミド・モイスチャーローション

クリーム

化粧水でほどよく柔らかくなった肌に、柔らかくてたっぷりの水分を感じるクリームです。

全てのアイテムにセラミド配合させていますので、それほど油分を多く必要がないからなのか、通常のクリームよりサラサラです。通常のオールインワンゲルより、べたつきがないかもって思いました。ヒフミド・クリーム

UVプロテクトクリーム

SPF28、PA++で、数時間の買い物、ガーディニング作業にピッタリのUVクリームです。ファンデと合わせて下地としても使用しましたが、化粧崩れもしっかり抑えてくれました。ヒフミド・UVプロテクト

スポンサードリンク
関連記事

肌ザラザラで粉をふいたら、完全密封の高保湿に効き目がある
製薬会社のこってりジェルで、肌力を回復させませんか? 肌がザラザラで粉をふいて、メイクをすれば、直ぐ...
記事を読む

関連記事

細胞間糖脂質と呼ばれるセラミドは、化粧品の成分としても利用
セラミドがどうして保湿の王様なのか?湿度が下がる冬や、強風に当たると乾燥肌になり、スチームを目の前に...
記事を読む

関連記事

皮膚が薄い人のスキンケアは、皮脂膜と角質層の水分量を上げる
外部ストレスを受けやすい薄い肌の人が、大切にすること赤ちゃんの肌は血管が透けて見えるのは、皮膚が薄い...
記事を読む

関連記事

乾燥した肌にスキンケアを使用しても潤わない原因とは
肌ダメージ成分を蓄積させずに、肌をふっくらさせる無添加化粧品 浸透力があり、肌細胞の隅々までいきわた...
記事を読む

関連記事

化粧水浸透しないことには始まらない!保水力の高い美容液
ヒアルロン酸の130%の保水力をもったプロテオグリカンプロテオグリカンと聞いて、『オヤ?』と思われた...
記事を読む