広告  

オーガニック化粧品の良さを知ろう

化粧品が合わなければ、折角つけたとしても、肌の体力は落ちていきます。
多くのコスメメーカーでは、肌再生の周期分だけつけ続けて欲しいと言いますが、合わないまま1カ月間もつけ続けたら、肌はボロボロです。

何も効果が無い時だけ、1カ月間、続けて試していくべきなのです。

 

化粧品への期待の度合いが、化粧品選びの基準になる

化粧品に過大な期待をし過ぎて、次々と試して行くうちに、肌荒れを起こしてしまう方がいます。
こう言う方は、コスメジプシーと呼ばれていて、多くのコスメを試した人ほど、その傾向があるようです。

そもそも効果を実感したと言う、効果の尺度もあいまいです。
くすみがとれ、シミがそこそこ目立たなくなっているのに、『しみがまだ見えるから』と、『合わない』と言う人もいるかもしれません。
それほど、色白になったとは傍目ではわからないのに、『気になっていたくすみがとれた』と言う方もいます。

次々に化粧品を変えるのか、現状維持かは、個人の判断でしかありません。
長い、それこそ、数年単位の時が経ち、はじめてその判断の結果が分かるのです。
精油

 

肌荒れを起こして肌断食を行ったら

いずれにしても、肌断食とか、角質培養を決意した人の多くは、相当肌荒れを酷くした場合が多いですね。

 

肌断食を行うと肌荒れする理由

肌荒れを起こした肌で、次々と剥がれ落ち、成長を充分に遂げていない未熟な肌のままの方もいます。
赤くなったり、ピリピリして炎症をおこしたりしている方は、そうでしょう。

炎症を起こしていれば、何もつけないのが一番です。
薄い肌では、外気の刺激から守りきれるはずはなく、乾燥していきます。

こうして、肌断食を行うと、乾燥します。

肌断食成功者は、一時期乾燥するけど、それを乗り越えれば、後は潤った肌が作られると言います。
それって、肌再生力が強い若い肌の場合だけでしょう?

皮膚科に相談すると、外気を遮断するために、油分含んだワセリンと言われる軟膏を、渡されます。
ワセリンは、不純物を含まない石油由来の成分で、反応を起こしずらいためです。

スポンサードリンク

 

一番厄介なのは、慢性の乾燥肌になった時

問題は、皮膚科に行くほどではないけど、カサカサの状態が続く、慢性の乾燥肌の人です。
大きな炎症や赤みは無いけど、乾燥して、少しづつ、肌老化の階段を上がっている方達です。

外気から守るバリア機能も弱いために、季節の変わり目やホルモンバランス、ストレス等で、肌はゆらいでいきます。
アレルギー反応が出てしまう化粧品もあるかもしれません。

一概には言えませんが、アレルギーの基は、石油由来の化学合成物です。
世の中の化粧品は、断りがなければ、石油由来の化学合成物からできています。

無添加化粧品は、過去にアレルギーの可能性があると厚生労働省で定められた成分を、排除しているものです。
全ての石油系物質が無いわけではありませんが、安全性は高くなるよう独自の研究機関で、何度も検証を行っています。
新緑

 

完全に石油由来の化学合成物を排除しているのは、コスメメーカーが自身で宣言しているか、オーガニック化粧品のみです。

オーガニックに関してはいくつかの団体か認定基準を設けています。
基準は厳密に標準化されてはいないものの、最低オーガニック化粧品として表示するためには、下記の条件が必要です。

  • 石油由来成分禁止
  • オーガニック植物を原料の50%~90%含む
  • 動物由来成分の排除

 

オーガニック化粧品で肌本来の力を引き出せるのか

オーガニック化粧品は、肌トラブルを直すというより、安全な化粧品と植物由来の香りで癒される作用を、期待しているはずです。
特に、保湿力とか美白効果とかを、求めてはいません。

オーガニック化粧品の担当者に伺いましたが、保湿、美白、エイジングケアを求めているなら、薬用化粧品をはじめとする石油由来の化粧品を使うべきと言います。
でも、一定の期間が経過後、効果を実感したなら、オーガニックを使うべきというのです。

常に、治療薬を使い続けるのではなく、治ったら、肌本来の力を引き出せる植物由来のものが、適しているそうです。
感覚的には、理解できませんか?

確かに、漢方薬も薬草という名の植物です。
かつての日本女性は、コメヌカで洗顔をした後なにも塗らなくても、ツルツルの肌を保てていたと言います。
長い年月の中で、実績はあります。

肌断食をしなければならないほど、肌ゆらいでいるならば、オーガニック化粧品も一つの方法となります。

スポンサードリンク
関連記事

ゆらぎ肌は、肌が薄くてヒョロヒョロだから、不安定になるのよ
長年アミノ酸の開発を行った味の素からでたジ―ノ化粧品とは 仕事の基本が分かっていない後輩に、何を寝ぼ...
記事を読む

関連記事

低刺激な保湿で、敏感肌(ゆらぎ肌)でもうるおうスキンケアとは
ゆらぎ肌でも、たっぷり潤いたいって思うよね ゆらぎ肌、デリケート肌、敏感肌と呼び方は色々ですが、わず...
記事を読む

関連記事

敏感肌のスキンケアは、角質層を強くすることから
わずかな刺激にピリピリ、ヒリヒリの対策 敏感肌の方で、炎症や赤み、肌荒れに悩まされている方も多いよう...
記事を読む

関連記事

顔が乾燥してピリピリする原因と解消法
微炎症を起こした肌には、シンプルスキンケア 顔がピリピリする瞬間ってどんな時ですか? 私の場合は、シ...
記事を読む

関連記事

スキンケアの口コミでチェックする項目は、トラブルの有無
口コミから刺激性の有無を判断 アットコスメ(@cosmu)やYahoo BEAUTY、コスメメーカー...
記事を読む