広告  

肌力アップの一番の対処は、肌水分量をアップさせること

年齢と共にジワジワとくすみ初めて、はて、私は色白だったはずと気がついた時、美白ケアの意味を知りました。
日に焼けたわけでもないのに、どんよりと濁った肌で、黒く見えるんですね。と言っても、紫外線によって肌の色が黒くなるのとも違うようです。

 038

 

他のトラブルも目立ち始めていない?

そう言えば、ローションの入りも最近よくないし、肌が心なしか硬いようです。
鼻の周りの毛穴も、気がつけば頬の辺りにも広がり目立ち始めています。

肌が黒ずむのも、肌が硬く感じられるのも、毛穴が増えるのもみんな、肌の水分量低下のせいです。

同じようにお手入れしていても、水分を溜めこむ力が無くなっているせいで、潤いが持続しません。
顔をあたる外気や空調で、水分が奪われてしまうのは、肌をガードしている角質層が弱くなっているからに違いありませんね。角質層が弱いのは、セラミド、セラミドが少ないせいね。

 

しみができるかどうかの違いは、肌力よ

ご存知でしょうか?
同じ紫外線を浴びても、しみになる人とそうでない人との違いは、肌力にあるってこと。

肌力を決める大きな要因は、保湿力。
保湿を司る肌成分は、沢山あれど、その一つ一つが弱くなって助けてって、悲鳴を上げています。

スポンサードリンク

保湿力を上げれば、濁った肌は透明度を増し、色白の肌を取り戻すことができます。新陳代謝も上がり、他の毛穴とかの肌トラブルも、解消すると言われています。

039

 

ホワイトローションAOの特徴

アンプルール・ラグジュアリーホワイトローションAOは、そんな、肌のくすみに気がついた女性の気持ちに応えてくれる化粧水です。
とろみのある液体が、硬くなった肌に馴染み、浸みこんでいきます。
ホワイトローションAOに含まれる、保湿成分、αリボ酸、セラミド、アミノ酸が、乾燥やダメージなどから守り、シミのできにくい肌に整えていきます。
肌の隅々までいきわたるように、たっぷりと手にとって馴染ませていくだけで、与えられたポジションでしっかり仕事をしてくれるようで、ふっくら感を実感することができます。

そして、保湿力だけでなく、新安定型ハイドロキノンも入っていて、既にできたシミへの働き掛けもしてくれます。

シミはよ~く観察してみると、何もホワイトニングケアをしていないと、ドンドン濃くなっていくんですね。
ゆっくり色が濃くなるので、気がつかなくて、美白コスメの効果もゆっくりなので、ついつい何もしなくても同じって思うのです。そうやって、お手入れを怠っていると、悪化しています。(>_<)

積極的にシミを取りたい人も、現状維持の人も、ローションだけでもハイドロキノン配合のものを使うと、1年後の透明度は格段に違いますよ。

スポンサードリンク
関連記事

肌のキメを整える、滑らかな肌になるために、アミノ酸化粧品も候補に
日本人の肌は守りが弱いから、乾燥肌の人が多いのよ 厚生労働省の産業医学総合研究所の資料によると、日本...
記事を読む

関連記事

カサつく美白化粧品は嫌!でも濁り肌が気になるなら
加齢による、肌乾燥とシミ対策ケアは必要よ! 乾燥肌でも二通りのあると思うの。生まれながらの体質での乾...
記事を読む