広告  

インナードライ肌には、保湿、毛穴、低刺激のケアを

インナードライ肌とはいえ、便利なオールインワンクリームやジェルを使いたいものです。
ただ、油分が多く水分が足りない肌に、化粧水からクリームまでの機能を、ひとつのクリームに任せてしまうのは考えものです。
インナードライオールインワン

 

インナードライ肌に必要なケアとは
たっぷりの水分

水分の量を自分の肌に合わせて浸透させるために、化粧水は不必要の表示があっても、化粧水で保水を行うケアを加えてみてください。

次に続くアイテムの前に、じっくりと浸透させて、数回ハンドプッシュを繰り返します。
一度にどばっと手の上に載せて、バシャバシャつけるより、少量づつ、手のひらのぬくもりを加えながら重ね付けする方が、浸透力が高くなります。

ここの手間を惜しまないと、かなり違ってきます。

普通肌の人より1滴でも多く、肌の奥に浸透させなくてはならないですものね。
インナードライオールインワン

 

肌刺激からのガード力

インナードライ肌になっているのは、肌表面が刺激を受けやすく、バリア機能が弱まっている証拠です。
外部刺激に耐えられない肌が、自分の肌を守るために、たっぷりの脂で肌一面に撒きガードを強くしています。油でベトベトになってしまうのは、そのせいなんですね。

肌表面が刺激が入り込みやすくなっているのは、敷きつめている肌細胞の隙間が空いているためです。
肌細胞同士を繋ぎ止める、細胞間糖脂質、セラミドを補うことで悩みは解消できます。

スポンサードリンク

 

低刺激な化粧品

気をつけることは、肌に良いと思われる成分がたっぷり入っていても、自分の肌に合わなかったり、刺激の強い成分が入っていると、逆にバリア機能を痛めます。
アレルギーを引き起こす可能性が高いと言われている、鉱物油配合のものは控えましょう。

 

毛穴ケア

肌の上に押し出された大量の皮脂は、行き場を失い毛穴の中に入り込みます。
この時、肌内部は乾燥しているために、入り込んだ皮脂で広げられた毛穴は、閉じられることがありません。

紫外線などの影響で、入り込んだ皮脂が黒ずみ、ボチボチと斑点を作っていきます。

開いた毛穴の周辺の皮膚の保湿力を上げて、毛穴自体をキュッと引き締め効果があるものを使えば、毛穴の悩みも解消できますよ。

 

インナードライ肌に良いオールインワン・クリーム

私が、『海のブレア』というオールインワン・クリームをインナードライに良いと思ったのは、上記に記載した悩みを解決してくれるからです。
インナードライオールインワン

 

オールインワンの機能は、乳液からですし、バリア機能をサポートするセラミドを配合しています。
水分を蓄えるヒアルロン酸に、無水ヒアルロン酸を使用して、保湿力をグーンと高めています。

無水ヒアルロン酸は、一般的なヒアルロン酸に比べると原料価格は約170倍もします。
水分を吸収し約20~30倍に膨らむことで、ハリ・弾力をサポートするのです。何よりも嬉しいのは、6時間後も水分を蓄え続けられる成分であるということです。
このように、水分保持期間の長いので、肌細胞が膨らみ続け、毛穴が皮脂で押し広げられることを防ぎます。

さらにビタミンCが配合されているので、皮脂の分泌を抑えると同時に、毛穴を引き締めてくれる作用もあるのです。

 

『海のブレア』は、体験レビューがあります。こちらから

スポンサードリンク
関連記事

肌水分量を上げる化粧水に困るインナードライの方へ
インナードライ化粧水ならオイルフリー 『朝目覚めると、顔中が油田になり、ヌルつきが激しいのに、夕方に...
記事を読む

関連記事

インナードライの化粧水は、40歳以降でも保水重視で
エイジングケアも潤った肌でないと上手くいかない 40代になっても顔がべたつく場合は、脂性肌と言うより...
記事を読む