広告  

ダメージから守るスキンバリアを強くするセラミドに期待!

若くして乾燥肌の人は、このままいくと早く老け顔になるのではないか、シワも30代でできてしまうかもしれないという焦りがあります。飢餓意識とでもいうのでしょうか? つくし

20歳の乾燥肌の人は肌年齢への危機感が強い

後で泣かないように、若いうちからしっかりお手入れをすれば、普通の人並みの肌になれると思いこむのです。

カサツキが気になる乾燥肌だから、高価で贅沢なこっくりとした美容成分が沢山入っているものを使いたいと考える気持ちも分からないではありません。正直私もそうでした。

とある美容科に言わせると20代の肌は、まだ完成していないそうです。柔らかく、強い刺激に直ぐに反応してしまう時期なのです。

乾燥させている原因は、スキンバリアが弱っているから

肌代謝も高い20代の乾燥肌の原因は、角質層の水分量が外気に逃げているためです。つまり、スキンバリアが少々弱っているだけの話となります。

体調の変化で直ぐに肌荒れしやすかったり、アレルギー体質であったり、肌が薄くスキンケアの刺激でダメージを受けやすかったりする肌です。ダメージを受けた肌は、髪のキューティクルのようにめくれ上がり、角質層の水分を外気に逃しています。

巡りもよく、肌の隅々まで栄養が充分にいきわたっている肌に、さらに贅沢成分を入れ込んだとて、そりゃ、余計なお世話となります。

スポンサードリンク

ルンルン気分でつけたはずの栄養クリームですが、行き場を失い毛穴に入り込んでいきます。『バカにしないでよぉ~。あんたの世話にはまだまだなりませんよ。』と言っているはずです。

スキンバリアを強くする方法

スキンバリアを強くする方法は沢山あります。スキンバリアは皮脂膜、角質層が主に担当しています。

皮脂膜には、スクワラン配合のものやすばり皮脂膜化粧品なんかもあります。角質層は、セラミド配合、アミノ酸配合のものがそうです。

中でもセラミドは、水分を抱え込むことができる保水力があり、糖質であることから肌に蓋をする作用もあります。水分を抱え込んでいると、外部からの衝撃にも強いです。だから、セラミドをスキンバリアとして重要視しているようですね。

小林製薬は、人と同じ形をしたセラミド配合量を4%という高配合なスキンケアを持っています。ヒフミドシリーズですが、このヒフミドシリーズがこの秋(2014年)にリニューアルしました。

なんと10年ぶりなのですが、配合するセラミドの種類を増やしています。セラミド1、セラミド2、セラミド3といずれも、保湿力とバリア機能を強化する働きを持っています。

当ブログでもヒフミドのレビューがありますので、参考にしてください。⇒ こちら。

また、小林製薬ヒフミドトライアルセット!
の公式サイトはこちらになります。
スポンサードリンク
関連記事

ドライスキンの方が選ぶべき敏感肌用のスキンケアとは
潤いたい!でも、かぶれたら? 微妙ですね。 スキンケアで、かぶれたり、赤くなったり、湿疹ができたり、...
記事を読む

関連記事

男性も乾燥肌に悩んでいる、保湿ケアを求める方も多い
男性の乾燥肌の原因は、ひげそりとUV対策をしないから ...
記事を読む

関連記事

乾燥を防ぐスキンケアのしっとり効果を判断する時期
乾燥を防ぐスキンケアの種類 乾燥を防ぐスキンケアの多くは、バリア機能を強化させるもの、保湿成分を補う...
記事を読む

関連記事

no image 乾燥肌は体質でもあるけど、後天的な努力で改善を!
乾燥肌は体質だからと諦めてしまう人がいます。 遺伝子の中に皮脂が作られにくいDNAがあるためで、し...
記事を読む

関連記事

乾燥性敏感肌のかゆみは、うるおいを失う瞬間
乾燥肌だからかゆい? いいえ、刺激が伝わるから痒い! 乾燥性敏感肌の人のかゆみは、角質細胞にほころび...
記事を読む